アダルトビデオ女優 名鑑

中村礼子なかむられいこ

中村 礼子(なかむら れいこ、1982年5月17日 - )は、日本の元競泳選手。
専門種目は背泳ぎ。
東京スイミングセンター(東京SC)所属。
神奈川県横浜市都筑区出身。
横浜市立勝田小学校、横浜市立茅ヶ崎中学校、湘南工科大学附属高等学校、日本体育大学卒業。
年上に稲田法子・中尾美樹・中村真衣・萩原智子、年下に寺川綾・伊藤華英と、同じ種目のライバル選手が多く、大学入学までは目立った活躍はなかった。
2002年以降、日体大水泳部での厳しい練習が糧となり、インカレの200m背泳ぎで史上初の4連覇を達成。
インカレ大学対抗戦女子7連覇(2008年度現在大学連勝記録・最多優勝校16回)の立役者ともなり、ライバルとの対決で勝利する場面が徐々に増えた。
2002年を境にして稲田・中村(真)・萩原の選手の引退、寺川の不振などもあり、日本代表に定着。
大学4年次にアテネオリンピック(2004年)銅メダル、卒業後世界水泳選手権(2005年)銅メダル、北京オリンピック(2008年)銅メダルをいずれも200mで獲得した。

DMM動画

なかむら-れいこ 1982-平成時代の女子水泳選手。昭和57年5月17日生まれ。種目は背泳ぎ。3歳から泳ぎはじめ,日本体育大時代にはインターカレッジの200m背泳ぎで4連覇をはたした。平成16年アテネ五輪200mで銅メダル,100mでは4位となる。19年世界選手権の100m,200mで銅メダルを獲得。20年日本短水路選手権200mで2分3秒24の短水路世界新記録をだした。同年北京五輪200mは2分7秒13(日本新記録)で銅メダルを獲得,100mは6位。4×100mメドレーリレーでも6位入賞。五輪後引退表明。神奈川県出身。日本体育大卒。 (引用元 コトバンク)